自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

呼吸の仕組み

 今回は呼吸は身体でどのように行われているかお話ししたいと思います。

呼吸の仕組み

 安静にしている時の呼吸は、息を吸う際は横隔膜で行われ、息を吐く時は肺や胸の弾力によって行われています。

 

 安静時は横隔膜が行う腹式呼吸がメインです。

 

 横隔膜が伸びたり、縮んだりする事によって肺や胸の中の圧力が変化して、空気が身体の中に入ったり、出たりします。

 

 風船をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

 

 空気が風船の中に入るには風船が膨らまなくてはいけません。

 

 風船は空気を取り込むために、膨らむ努力をしなければいけませんが、膨らんだ風船は栓をしなければ風船の弾力で勝手に空気が抜けてしまいます。

 

それと同じで、安静時の呼吸は横隔膜が広がり空気を取り入れる努力をし、肺や胸の弾力で空気を外に押し出すという仕組みで行われています。

 

 また、この呼吸方は大きなエネルギーを使わずに行えるのでとても効率が良いです。

 

 逆に運動時や肺の疾患を抱えている方は、胸や肺の柔軟性、弾性が失われてしまいます。

 

 なので、呼吸補助筋と言われる肩周りや胸周り、腹筋などの筋肉を使って呼吸をしなければいけないので、凄くエネルギーを使います。

 

 肺や胸の弾力が失われているので、吸う時だけではなく、吐く時も身体全身の筋肉を使って空気を外に押し出すので、吸う、吐く共にかなりのエネルギーを消費する事になります。

そのほかの仕組み

 

  • 呼吸のリズムは延髄、橋や脊髄というかなり原子的な場所で調節されている。
  • 呼吸は反射で、身体を守るための防御反応
  • 血の酸素の濃度も感知して、呼吸を調節している
  • 精神的な要因を含まれているので、神経が興奮すると呼吸に異常がでる。

 

 呼吸の仕組みをまとめてみました。自分達で出来る事は、胸の柔軟性を保つ事が重要なので胸のストレッチなどをやってみてください。

 

 また、呼吸によって自立神経も整うので緊張する場面では、深呼吸を行なってみると良いですよ。