自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

ガングリオンって何?

 今回は関節付近にできる腫瘤、ガングリオンについてまとめます。

ガングリオンって何?

 ガングリオンとは発生原因が不明で、関節組織の粘液組織を伴った退行変性。

 

 ガングリオンは関節を包む袋、関節包付近にできる事が多い腫瘤です。

 

 ガングリオンは弾力がある丸い腫瘤として関節の近くにできます。

 

 関節包や靭帯とつながってできる事が多く、腫瘤の中にゼリー状の液体が入っています。

 

 原因は不明です。

 

 ガングリオンは押すと痛みがある場合が多いです。

 

 ガングリオンは周りと癒着がなく、結構動きます。

 

 ガングリオンの治療は注射で中の液体を抜き、その後にステロイドを入れる事が多いです。

 

 それでも強い痛み、容姿的に問題がある場合は手術によって摘出します。

 

 以上、ガングリオンについてでした。