自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

正中神経マヒについて

 今回は正中神経マヒについてまとめます。

正中神経マヒって何?

 正中神経マヒは手の感覚異常と手の運動マヒが起こる疾患。

 

 正中神経は首からでる腕神経叢の一部です。

 

 正中神経は手の感覚と親指と小指でつまむ動作を支配しています。

 

 正中神経マヒの原因としては手首の障害(手根管症候群)、肘の骨折、切り傷、開放骨折などで神経に障害が起こる事によって起こります。

 

 手首で正中神経の障害を受けるのを低位麻痺と呼び、肘の所で正中神経が障害を受けるのを高位麻痺と言います。

 

 低位麻痺の症状は

 

  • 母指球が萎縮して猿手という手の変形を起こす
  • 手の感覚障害が起こる

 

 高位麻痺の症状は

 

  • 親指と人差し指が握れなくなる
  • 手を内側に返さなくなる

 

という障害が出ます。

 

正中神経マヒの治療は

 

  • 装具
  • 注射
  • リハビリ

 

などを行います。

 

 リハビリは

 

  • 手首のストレッチ
  • 肘のストレッチ

 

を行い神経の障害になっている部分を改善させます。

 

 以上、簡単ですが正中神経マヒについてでした。