自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

手の小指側の痺れ、肘部間症候群かも

 今回は肘から小指にかけての症状、肘部間症候群についてまとめます。

肘部間症候群ってなに

 肘の内側、神経の通り道の障害が起こって神経症状がでる疾患。

 

 肘部間は肘の内側を通る神経、尺骨神経の通り道です。

 

 尺骨神経は手首の小指側から第4指、5指の感覚や手の筋肉を司る神経です。

 

 肘部間症候群はその尺骨神経の通り道、肘部間が何かしらの原因で、通り道が狭くなって尺骨神経に障害が出る疾患です。

肘部間症候群の症状は?

 肘部間症候群の症状は

 

  • 第4指と第5指の感覚障害
  • 手の親指の力が出ない
  • 手の中の筋肉が萎縮
  • 鷲手という手の形になる
  • 肘から小指までの痺れるような痛み

 

などの症状がでます。

肘部間症候群はなんでなるの?

 肘部間症候群の原因は

 

  • 肘の外側の骨折
  • 肘の骨折
  • 手の使い過ぎ

 

などの原因が考えられます。

 

 手を握る筋肉や手のひらを内側に向けるための筋肉が実は肘部間を作っています。

 

 手を使い過ぎると、肘部間を構成する筋肉が硬くなります。

 

 肘部間を構成する筋肉が硬くなると、肘部間が狭くなり尺骨神経が圧迫を受けることになり肘部間症候群になる事もあるようです。

 

 また、肘の外側の骨折で肘の変化が起こる事によっても肘部間が狭くなるので肘部間症候群になります。

肘部間症候群の治療は?

 肘部間症候群の治療は

 

  • 肘の安静
  • ビタミンB12
  • 圧迫強ければ手術
  • リハビリ

 

が治療の中心になります。

 

 リハビリでは

 

  • 肘の外側の筋肉のストレッチ
  • 手のひら内側に返すための筋肉のストレッチ
  • テーピング

 

などを行い、肘部間の圧迫を取り除く事をします。

 

 手の痺れなどは首の症状と勘違いされがちですが、肩、肘、手などの障害によって痺れや感覚障害が出る事があります。

 

 なので上肢の障害は首の症状と決めつけずに治療してみると言い思います。

 

 以上、肘部間症候群についてでした。