自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

下腿のコンパートメント症候群について

 今回は下腿のコンパートメント症候群についてまとめます。

コンパートメント症候群ってなに?

  コンパートメント症候群とは、筋区画の内圧が上昇し神経や筋肉の血流障害が起こる疾患。

 

そもそも、コンパートメント症候群は骨、骨間膜、筋間中膜、筋膜に囲まれた空間をコンパートメント(筋区画)と言います。

 

 この筋区画の内圧が上昇し、筋肉や神経の血流障害を呈した状態をコンパートメント症候群と言います。

 

 原因としては、怪我をしての筋肉の内出血、浮腫み、圧迫、絞扼などで起こります。

 

 具体的による言うと、ギプスや包帯で圧迫を常に受けているとコンパートメント症候群になりやすいと言われています。

 

 コンパートメント症候群は動脈に圧迫をうけ、まずは筋肉内にある細動脈が閉鎖し、筋肉、神経が阻血障害に陥り、その後に筋肉の阻血性壊死になります。

 

 この阻血状態が続くと、筋肉の壊死が元に戻らない状態になってしまいます。

コンパートメント症候群の症状は?

 コンパートメント症候群の症状は

 

急性で

  • 発赤
  • 筋肉のコリ
  • 痛み
  • 動かすと痛みが強くなる

 

慢性で

  • ランニングなどのスポーツ活動によって痛みが強くなる
  • 安静にすると痛みが落ち着く

 

など症状が出ます。

コンパートメント症候群の治療は?

 コンパートメント症候群の治療は

 

  • 筋膜の切開
  • 軽度の場合はリハビリ

 

が治療になります。

 

 リハビリでは

 

  • 痛みが出ている筋肉の収縮運動
  • 筋トレ

 

などを行なって血流改善、筋肉の張り、滑走性の改善を行います。

 

 コンパートメント症候群は早めの対応が必要になって来ますので、おかしいなと思ったら早めに受診をしましょう。

 

 以上、コンパートメント症候群でした。