自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

手の平、掌底部分の障害、TFCC損傷について

 今回は手首の障害、TFCC損傷についてまとめます。

TFCCってなに?

 TFCCとは小指側の手首の軟骨や靭帯が損傷する障害。

f:id:YWPT:20171202061322j:image

 TFCCは三角線維軟骨、尺側側副靱帯、三角靭帯などの手首の靭帯を合わせて言います。

 f:id:YWPT:20171202061444j:image

 絵で説明するとこんな感じです。

 

 TFCCは手の機能にとても重要です。

 

 手の複雑な機能手首の支持、荷重の伝達、荷重の吸収、分散に機能していると言われています。

TFCC損傷はどのように起こるの?

 TFCC損傷は、手首の骨折やテニスなどの手首を使うスポーツでおこります。

 

 手をついて転んだり、手を捻ったりすることによっておこります。

 TFCC損傷の症状は?

 TFCC損傷のは

 

  • 手首の痛み
  • 手首の可動域の制限(回内、回外)
  • 手首を尺側に動かすと痛い

 

などが症状が出ます。

TFCC損傷の治療は?

 基本的にはリハビリ、装具などによる保存療法、症状が継続する事になると手術もあります。

 

 リハビリでは

 

  • 手のストレッチ
  • テーピング
  • 装具

 

を使い手首に負担がかからないようにします。

 

 また、患部外のトレーニングも重要になってきます。

 

 以上、TFCC損傷についてでした。