自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

手のひらの骨折、舟状骨骨折について

舟状骨 今回は手のひらの骨折、舟状骨骨折についてまとめます。

舟状骨骨折てなんだ?

 舟状骨骨折骨折とは手のひらの掌底部分の骨折。

f:id:YWPT:20171123062340j:image

 舟状骨は手のひら、ちょうど掌底部分にある骨、手根骨の1つです。

 

 掌底部分の骨は細かく分かれていて、手根骨と呼ばれています。

 

 その手根骨の親指側の付け根あるのが舟状骨です。

 

 原因はスポーツ中に転んで、手のひらを強く着くと骨折します。

 

 手根骨の骨折のほとんどが、この舟状骨骨折です。

 

 ほかの手根骨の脱臼も併発する事があります。

 

 舟状骨は血流が異常に悪く、骨折部分が付かなく偽関節と言う状態になりやすいです。

舟状骨骨折の症状は?

 舟状骨骨折の症状は

 

 初期では

 

  • 痛み
  • 動かすと痛い
  • 腫れ
  • 皮下出血

 

 手術、固定後は

 

  • 可動域制限
  • 親指の筋力低下
  • スポーツ動作の異常

 

などの症状が出ます。

舟状骨骨折の治療は?

 舟状骨骨折の治療は骨折部分のズレによって変わる。

 

  •  骨折部分のズレが少ない場合は固定

 

  • ズレが大きい、偽関節の場合は手術

 

をします。

 

 リハビリは時期に合わせて行います。

 

 以上、舟状骨骨折についてでした。