自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

成長期によく起こる、膝の痛みオスグッドについて

 今回は成長期の子供によく発症するオスグッドについてまとめます。

オスグッドってどんな疾患?

 成長期に膝関節の脛骨粗面という場所に、繰り返しストレスがかかってしまい、骨端軟骨に炎症、小さな骨端が発症してしまう疾患。

f:id:YWPT:20171104061106j:image

  成長期の子供の上の画像の脛骨粗面という場所に、スポーツなどで過度なストレスがかかり続けると発症してしまう疾患です。

 

 子供の骨の端には成長するための軟骨、成長軟骨があります。

 

 成長軟骨の血流障害で、阻血性壊死を起こす疾患の総称を骨端症と言います。

 

 その中でも代表的な障害をオスグッドとと言います。

 

 ちなみにオスグッドの正式な名称はOshida-Schlatter病と言います。

オスグッドとの症状は?

 オスグッドとの症状は

 

  • 膝の下を押すと痛い
  • 運動する時に痛い
  • 膝の下が盛り上がっている

 

などの症状があります。

 

 オスグッドは成長と一緒に症状がなくなることが多いです。

 

 ですが、症状の度合い、重症度によってはスポーツのパフォーマンスにかなりの影響が出ます。

 

 さらに重症例では日常生活の中でも、強い痛みが出でしまい日常生活に支障をきたす場合があります。

 

 まれではありますが、大人になってからも痛みが残ったりする場合もあります。

 

 オスグッドを成長痛だから大丈夫だと思って軽く見ていると痛い目にあう可能性もあります。

オスグッドの治療は?

 オスグッドの治療は

 

  • アイシング
  • 太ももの前のストレッチ
  • 膝のお皿の動きを良くする
  • テーピング
  • サポーター
  • 骨盤、股関節の筋トレ
  • スポーツ動作を意識したトレーニング

 

などが治療です。

 

 オスグッドは基本的によっぽど重症でなければ、リハビリなどを行なって治療して行きます。

 

  まずは安静やアイシングで炎症を落ち着かせて、ストレッチなどで膝に負担がかかりにくくします。

 

 また、身体の使い方を修正して膝に強く負担がかからないようなトレーニングも必要です。

 

 子供の成長痛だと思って侮りがちですが、オスグッドはしっかりとしたリハビリが必要になりますので、覚え置いてください!