自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

靴の選び方はこんな感じ

 今回は足の障害を予防するための靴の選び方をまとめたいと思います。

靴を選ぶ、買うときに気をつけたい事

 自分に合った靴は結局足の型を取って作るのが一番です。

 

 しかし、オーダーメイドの靴はかなり値が張ってしまうのでなかなか作れません。

 

 一般的に販売している靴で購入する時に気をつけたい事をあげます。

 

  • 足の甲の高さがあっているか
  • つま先の横幅があっているか
  • 踵の横幅があっているか
  • 踵に芯が入っているか
  • 中敷のクッション性
  • 土踏まずのサポート

 

に注意して試しばきなどをして購入した方が良いと思います。

スニーカーなどの紐のタイプの靴は?

 紐のタイプの靴は

 

  • 足の長さに対して1㎝長い靴

 

を意識的に購入すると良いようです。

 

 あまり広すぎる靴は足の前が滑ってしまい爪が靴の先に当たる事が多くなるので、爪が黒く変色してしまったりする場合があります。

 

 爪の変色がある場合は靴が小さいのではなく、靴が大きい場合が多いので注意しましょう。

 

 また、薄いソールの靴や土踏まずのサポートがない靴は、足の裏の筋肉、筋膜に過度に負担がかかり足の障害に陥る場合があります。

 

 最近足の痛みを感じる場合は普段の靴を見直してみてはいかがですか?