自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

骨粗鬆症ってなに?

 今回は骨粗鬆症についてまとめます。

骨粗鬆症ってなに?

 骨粗鬆症は骨の量、骨量が減少して、骨か劣化し骨が弱くなる疾患。

 

 骨粗鬆症は骨の中が少なくなってスカスカになった状態です。

 

 骨の中がスカスカになる事によって劣化し、骨が弱くなる事で簡単に骨折してしまいます。

 

 これが骨粗鬆症です。

骨粗鬆症の原因は?

 骨粗鬆症の原因は一次性と二次性に分けられる。

 

 一次性の骨粗鬆症

 

  • 骨の再生と破壊のバランスが崩れる
  • 骨を壊す細胞が骨を作る細胞より増加してしまう事で起こる
  • 女性の閉経後に起こる
  • カルシウムの吸収率が低下する

 

事によって起こります。

 

二次性の骨粗鬆症

 

  • ステロイド剤長期投与
  • 内分泌系の疾患
  • 腎不全
  • 日光浴不足
  • 栄養不足
  • 運動不足

 

などによって起こります。

骨粗鬆症の治療は?

 骨粗鬆症の治療は薬、食事、運動です。

 

骨粗鬆症の治療は

 

  • カルシウムやビタミンDなどの栄養剤
  • 骨を壊す細胞の抑制剤
  • 食事でタンパク質、ビタミンD、ビタマンKをとる
  • 日光浴をするとビタミンDができる
  • 運動をして骨に負荷をかける

 

などが重要になってきます。

 

骨粗鬆症は誰にでも起こる疾患なので、栄養、運動を、しっかり意識して将来のために備えましょう。