自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

代謝について考える

 日常生活は、じっとしていてもエネルギーが作られ、使われます。

 

 それを代謝と言います。

 

 今回は日常生活でも、運動中でも重要な代謝についてお話ししたいと思います。

代謝とは?

 代謝とは、身体の取り入れた食物や水分などから、他のエネルギー源を作ったり、生産したり、利用したりする事です。

 

 人間は生きるために栄養が必要です。そのため常に栄養を取り入れ、分解してエネルギーを使っています。

よく言う基礎代謝ってなに?

 基礎代謝とは、安静時に生きるために必要な呼吸、循環や筋肉の動きに必要なエネルギーです。

 

 一般の成人で、1,100〜1,600キロカロリーが必要とされています。また、男性は女性より5〜10%以上必要と言われています。

 

 筋肉で最も多くエネルギーが消費されています。

 

 でも、基礎代謝は同じ体重でも性別、身体の作られ方、体表面積、筋肉量、活動量で異なる事という事が大事です。

基礎代謝を上げるために必要な事は?

 基礎代謝を上げるために必要な事は、筋肉量を増やして、体脂肪等を下げる事が重要です。

 

 先ほどの通り、体重、年齢、性別、活動性によって基礎代謝は異なります。

 

 なぜなら、体重が重ければ身体を動かすのにエネルギーをたくさん使わなければいけないからです。

 

 歳をとると基礎代謝が下がると言われています。それは、筋肉が脂肪に置き換わってしまうからです。

 

 女性が男性よりも代謝が低いのは、同じ体重の男性と女性では、女性の方が体質的に体脂肪率が高いからだと言われています。

 

 基礎代謝は運動をただすれば良いとは言えません。

 

 研究では、運動だけでは基礎代謝が増えるという報告はかなり少ないです。

 

 しかし、運動をして筋肉量を増やすと基礎代謝が増えるという研究もあるので、有酸素運動だけではなく、筋トレなどの無酸素運動を併用しなければいけませんよ!

 

 運動しているから痩せる。と言う考えは間違っているので、有酸素運動無酸素運動を組み合わせて筋肉量を増やして基礎代謝をあげましょう!