自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

理学療法士がリハビリを始める前に患者さんに聞きたい事

 どこかしら痛くて、整形外科のクリニックを受診して、リハビリを行う際に理学療法士がまず患者さんに聞きたい事をお話しします。

 

理学療法士がリハビリを始める前に患者さんに聞きたい事

 理学療法士がリハビリを始める前に患者さんに、話を聞く事を問診と言います。その時に理学療法士が聞く事は

 

  • どこが痛いか
  • いつから痛いか
  • きっかけはあるか
  • じっとしていても痛いか
  • 動いた時に痛いか
  • 動いた時に痛い場合はどんな動きで痛いか
  • 1日の中で痛みの差はあるか
  • 仕事はしているか(どんな仕事か)
  • 生活スタイル(座っている事が多いのか、動いている事が多いのか)
  • 運動はしているか
  • どんな運動をしているか
  • 他に怪我をした方があるか

 

 理学療法士はこんな情報から、どんな事が原因で痛みが起こっているのか?起こったのか?を仮説を立てて評価して、治療をします。

 

 些細な事でもいいのでリハビリをする際に教えてもらうと、それが痛みの軽減のきっかけになります。なんでもいいので、上に書いた事以外にも伝えてください。

 

 問診の際に、伝え忘れる事も多いと思います。なので、上記の事を参考に自分の事をメモして、持っていく事も一つの手だと思います。

 

 リハビリを受けたいと思っている方は、是非参考に!