自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

手が痺れる、手根管症候群について

 今回は手の痺れや痛みが起こる手根管症候群についたまとめます。

手根管症候群ってなに?

 手根管症候群は手首にある神経がなんらかなの理由によって圧迫されて、痺れ、痛みが出る疾患です。

f:id:YWPT:20171026062050j:image

 

 手首の丸が付いている部分に、手根管という神経や筋肉の腱、血管が通っているトンネルがあります。

 

 その部分を手根管と言います。

 

 手根管症候群は何かしらの理由で手根管、手首のトンネルが狭くなったり、中の圧が上がる事で手根管を通る神経が圧迫を受けます。

 

 神経が圧迫される事によって痺れ、痛みが出る障害です。

手根管症候群の原因は?

 手根管症候群の原因は、ほとんどが手の使いすぎだと言われています。

 

 他には

 

  • 手首の骨折後
  • 寝ている間に手が圧迫される
  • ガングリオンなどのトンネル内に異物ができる
  • 手首の靭帯が厚くなる
  • リウマチ
  • 糖尿病

 

などが原因で起こると言われています。

 

 また、

 

  • 女性に多い
  • 妊娠時
  • 更年期
  • 自然に治る人が3分の1

 

だと言われています。

手根管症候群の症状は?

 手根管症候群の症状は

 

  • 親指から薬指までの痺れ、痛み
  • 親指の付け根の筋肉が萎縮
  • 手のこわばり
  • 手のむくみ
  • 運動時、夜間時、明け方に症状が強くでる

 

 なので症状が出ます。

手根管症候群の治療は?

 手根管症候群の治療は

 

  • 固定
  • 注射
  • 手術
  • リハビリ

 

などの治療があります。

 

 手の痺れなどは首の症状と誤解されやすいです。

 

 手根管症候群にたいしての評価の方法がきちんとあるので、手の痺れや痛みが出た時は首や手の評価をしっかりしてくれる病院を選びましょう。