自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

いつのまにか骨折、胸椎、腰椎圧迫骨折について

 今回は高齢の方がいつの間にかに骨折してしまう、いつの間にかに骨折の胸椎、腰椎の圧迫骨折に付いてまとめます。

そもそも圧迫骨折ってなに?

 圧迫骨折は、転落や交通事故などの強い衝撃で起こったり、高齢の方は本当に軽い衝撃で背骨が圧迫されて骨折してしまう障害です。

 

 胸椎、腰椎の圧迫骨折は事故などでもね起こります。

 

しかし、1番多い胸椎、腰椎圧迫骨折は高齢の方で骨粗鬆症の方が1番多く受傷します。

 

 その骨折をいつの間にかに骨折と言います。

 

 いつの間にかに骨折になるやすい人の特徴は

 

  • 女性が男性の2倍
  • 骨粗鬆症で骨がものすごく弱い
  • 高齢になるほど骨折する
  • 60歳台でもなる
  • 胸椎と腰椎の間でなる

 

の方が胸椎、腰椎圧迫骨折になりやすいとされています。

 

 いつの間に骨折についてまとめます。

胸椎、腰椎圧迫骨折の症状は?

 胸椎、腰椎圧迫骨折の症状は

 

  • 骨折したては激痛
  • 体を動かすだけで痛い
  • 背中を叩かれると痛い
  • 骨折から痛みが出てくるまで時間がかかる
  • 時間がたってくると背骨が猫背の方向に曲がってくる
  • 強い痛みは2週間〜4週間程度かかる

 

などの症状が出ます。

胸椎、腰椎圧迫の原因は

 胸椎、腰椎圧迫骨折の原因は

 

  • 骨粗鬆症
  • 転倒
  • くしゃみ
  • 尻もち
  • 重いものを持つ

 

などで起こると言われています。

 

 しかし、思い当たる原因かないのに骨折してしまう事も多いです。

 

 本当に日常生活の中の些細な事で骨折してしまう事が多いようです。

胸椎、腰椎圧迫骨折の治療は?

  胸椎、腰椎圧迫骨折の治療は

 

 

などが行われます。

 

 胸椎、腰椎圧迫骨折の予防の運動は、体幹の筋力アップが重要だと言われています。

 

 特に背中の筋力をアップする事が重要です。

 

 また、運動する事になって骨に負荷をかけると、骨が作られるとされているので運動する事は骨粗鬆症予防につながり、胸椎、腰椎圧迫骨折の予防にもつながります。

 

 皆さんも将来に向けて適度に運動したください。