自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

先天性内反足ってなんだ?

 今回は生まれつきの症状である先天性の疾患、先天性内反足についてまとめます。

先天性内反足ってなに?

 先天性内反足は生まれつき、つま先が下の内側を向いている状態の事。

 

 先天性疾患とは生まれつき身体にある症状のことです。

 

 先天性内反足は生まれつきある、足首から下の障害です。

 

 先天性内反足は先天性的につま先が下向きに、足の裏が内側に変形している疾患です。

 

 生まれつきの疾患なので徒手的に治療する事は難しいです。

 

 大人になるまで変形が残っている場合は、関節炎などの足の疾患が起こる場合もあります。

 

 先天性内反足の原因は不明です。

先天性内反足はどのように診断されるか?

 以下の症状がある場合は先天性内反足と診断されます。

 

  •  つま先が下を向いている
  • 足の裏が内側を向いている
  • 足の先が内側を向いている
  • レントゲンで内反足の所見がある

 

などがある場合は先天性内反足と診断されます。

先天性内反足はどんな治療をするのか?

 先天性内反足は自然に治ることがないので、出来るだけ早く矯正を始めます。

 

 アメリカの大学教授が始めた治療法が一般的だと言われています。

 

  • 徒手矯正を4〜7日ごとに行って、矯正ギプスをつける
  • 足の形を整える
  • 足首の関節が矯正され、外向きに70°回旋できるようになったら、アキレス腱を切る手術をする
  • そのあとは、矯正位を保つための装具を4歳〜5歳まで寝ている時につける

 

事が治療になります。

 

 ほとんど患者さんでアキレス腱を切る手術が必要なようです。

 

 治療はできるだけ早くする事が重要です。

 

 治療が遅れると大人になっても変形が残る事があるので注意しましょう。