自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

変形性足関節症について

 今回は変形性足関節症についてまとめます。

変形性足関節症とは

 足首の関節、足関節が加齢、怪我、炎症などによって変形する症状。

 

 変形性足関節症は、足首の関節である足関節が加齢や怪我によって軟骨が少なくなり、変形していく症状です。

 

 変形性足関節症の症状は

 

  • 歩いている時の足首の痛み
  • 足首の変形
  • 可動性の低下

 

などが起こります。

 

 ひどくなると足首の痛みが強くなり、歩けないという方もいます。

 

 変形性足関節症は足関節の軟骨が減ります。

 

 関節の軟骨には神経がないので、軟骨に体重がかかっても痛みは感じません。

 

 軟骨の下に神経があり、軟骨が減ると体重がなるとその下の神経に刺激が入るので痛みがでます。

 

 変形性足関節症は女性に多く、内側のくるぶしの関節から変形する事が多いようです。

 

 このような症が出た場合は変形性足関症の可能性があります。

 

  • 足首の痛み
  • 歩く時に痛みが増加する
  • 足首の変形
  • 足首がグラグラする

 

などの症状が出た時は、変形性足関節症の可能性があります。

変形性足関節症の原因は?

 変形性足関節症の原因は

 

  • 加齢
  • 怪我
  • 炎症

 

が主な原因と言われています。

 

 また、足首の感染症に感染した人や関節がゆるい人になりやすいと言われています。

変形性足関節はどんな治療をするの?

 変形性足関節症は、まずは保存療法、それでダメなら手術。

 

 変形性足関節症の治療は軽度では保存療法になります

 

  • インソール
  • 可動域訓練
  • 筋力強化

 

などが行われます。

 

重症例では手術が行われます。

 

 変形性足関節症は捻挫の既往がある人にも多いようです。

 

 スポーツをやっていて捻挫をくり返している人は、足関節が不安定になっている人が多いです。

 

 怪我をしたらしっかり治療を受けた方が、将来的に変形性足関節症の可能性を軽減できると思いますので、是非医療機関に受診をしてみてください。