自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

腱板損傷ってどんな症状?

 今回は肩の痛みの一つ、腱板損傷についてまとめていきます。

腱板損傷症っどんな症状が出るの?

 腱板損傷は肩の痛みの原因の一つです。バンザイをするときに腕を挙げ切る途中で痛く、挙げ切ってしまうと痛みが落ち着くのが特徴です。

 

 腱板損傷の特徴として

 

  • 腕の上げ下ろしの途中で痛い
  • 挙げた腕を下ろす時に痛みが走る
  • 肩の動く範囲は通常とさほど差がない
  • 夜寝ている時の夜間痛がある
  • ふとした時に痛い

 

などの特徴があります。

 

 腱板損傷の原因は

 

  • 加齢による筋肉の劣化
  • 転んで肩をひねる
  • スポーツ

 

などの肩の無理な使いすぎや転倒などの外傷など、さまざまな原因があります。

そもそも腱板っなんだ?

 腱板とは肩を安定化させる大事な筋肉です。

 

 肩を包む4つ筋肉を合わせて腱板と言います。

 

 肩は他の関節と違って噛み合わせがとにかく悪いです。

 

 そのため肩を安定化させるために、筋肉や靭帯などの軟部組織という柔らかい組織で、骨と骨をしっかりと繋ぎ留めておかないといけません。

 

 その肩関節の安定化の代表格が肩関節の腱板というわけです。

 

 この肩関節の腱板が損傷すると、肩関節の安定性が失われることになります。

 

 肩の安定性が失われると骨と骨が強くぶつかったり、他の肩周りの筋肉を使い過ぎて2次的に痛みがでる場合もあります。

 

 もちろん腱板は肩の深部にあるので、腱板損傷があるととても痛みが強くでます。

こんな症状がある時は腱板損傷かも

 以下の症状が出ている時は腱板損傷かもしれません。

 

  • 腕の上げ下ろしに痛みがある。
  • 腕の上げ下ろしに詰まるような感覚がある。
  • 転倒して肩を打った、腕を強く捻ってしまった。

 

などの症状がある場合は腱板損傷かもしれません。

腱板損傷の治療は?

 最初はリハビリや痛み止めなどの保存療法、痛みが残れば手術。

 

 腱板損傷の治療は

 

  • 初期の痛みや炎症が強い場合は、薬や注射での消炎鎮痛
  • 痛みが少なくなってきたらリハビリ
  • 症状が何ヶ月も続くようであれば手術

 

などが治療で行われます。

 

 痛みか強い時期にむやみに動かす事は絶対にダメです。

 

 炎症や損傷が広がってしまい症状がひどくなると場合があります。

 

 まずは炎症や痛みが落ち着くまで肩の運動は避けて、肩は安静にする事が必要です。

 

 また、肩の痛みが強くても肩の動きに必要な背骨の動きや骨盤の動きを練習するリハビリは可能ですので行なってみてください。

 

 痛みが何ヶ月続く場合は、腱板が大きく損傷している場合があるので、手術の適応になります。

 

 以上、腱板損傷についてでした。