自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

ジャンパー膝ってなに?

 今回はジャンプが多い競技でおこる、ジャンパー膝についてまとめます。

ジャンパー膝ってなに?

 ジャンパー膝とはダッシュ、ランニング、ジャンプが多い競技におこる、膝のお皿の下が痛くなる障害です。

 

 ジャンパー膝とは膝のお皿(膝蓋骨)とすねの骨(脛骨)をつなぐ腱を膝蓋腱と言います。

 

 その膝蓋腱は運動中の衝撃を吸収する作用があります。

 

 そのためジャンプやカッティングなどが多い競技では、膝蓋腱に繰り返しストレスがかかります。

 

 その繰り返しのストレスが膝蓋腱に、伸ばされるようなストレスや小さな損傷が生じます。

 

 その結果炎症が起こると膝のお皿の下にある、膝蓋腱に炎症がおこり、ジャンパー膝という障害になります。

 

 また、その他の特徴として競技の床面の違いもあるようです。

ジャンパー膝はこんな症状

 ジャンパー膝の症状は以下のような症状がでます。

 

  • 膝のお皿の下の膝蓋腱を押すと痛みがある
  • ランニング、ダッシュ、ジャンプをすると膝蓋腱が痛い

 

などがあると、ジャンパー膝の可能性が出てきます。

 

 また、重症度によっても痛みの出かたに違いがあります。

 

  •  軽度、中等度→スポーツ後に痛みがでる
  • 重症→運動中や運動後の激痛がある

 

に分けられます。

ジャンパー膝の治療、リハビリは?

ジャンパー膝の治療、リハビリは

 

  • 重症度によって安静
  • 運動後のアイシング
  • 太ももの前(大腿四頭筋)のストレッチ
  • 足首のストレッチ
  • 股関節のストレッチ
  • テーピング
  • インソール

 

などが一般的な治療になります。

 

 また、ジャンパー膝になりやすい人の特徴は

 

  • ジャンプ力がある
  • 足首が硬い
  • ジャンプ後の着地時に膝が前に突っ込む
  • 猫背

 

など膝の前がになばされるようなストレスかかかる事が多いと、ジャンパー膝になりやすいようです。

 

 膝のお皿の下が痛い方は参考にしてみてください。