自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

ランニング障害はこんな膝の症状が出ます

  今回はランニング障害の代表的な疾患をまとめていきたいと思います。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

 腸脛靭帯炎は膝の外側に痛みがでる。

 

 腸脛靭帯はお尻の横から膝の外側に付着する膜のような靭帯です。

 

 腸脛靭帯はこんな症状が出ます。

 

  • 膝の外側に痛みがある
  • 痛い部分を押すと痛い
  • ランニング中に太ももの外側が張る感じがする
  • 長時間のランニング中に出現する

 

 このような症状が太ももの外側から膝の外側にある場合はランナー膝かもしれません。

 

 ランナー膝の原因は

 

  • O脚
  • 踵の外側に体重がかかりやすい人
  • 靴の外側が著しくすり減っている
  • ランニングしている路面が不整
  • ランニングフォームが悪い

 

などの原因があります。

 

 もし、ランナー膝になってしまったら

 

  • 炎症が強い、痛みが強い場合はアイシング
  • 安静
  • お尻のストレッチ
  • 腸脛靭帯のストレッチ
  • ランニングフォームの改善
  • 靴の改善

 

が効果的だと言われています。

 

 基本的には上に書いた事が重要ですが、

 

  • 股関節の柔軟性
  • 股関節の筋力
  • 足首の柔軟性
  • 足首筋力
  • 体幹の柔軟性

 

なども重要になってきます。

 

 ランニングだからといっても、他の部分のトレーニングを怠っている場合も、ランニング障害になるので注意しましょう。