自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

関節リウマチの治療

 今回は関節リウマチの治療についてまとめます。

 

 関節リウマチの治療は

 

 

  • 手術

 

 

  • ケア

 

 の4つの柱が大事だといわれています。

 

 今回は薬物とリハビリテーションをまとめます。

薬物療法ってなに?

 薬物療法は炎症鎮痛薬、ステロイド薬、抗リウマチ薬を状態に合わせて使っています。

 

 最近では新しい抗リウマチ薬であるサイトカイン阻害薬が使用できるようになりました。

 

 サイトカイン阻害薬が使用できるようになってから関節リウマチの治療が格段に向上したと言われています。

 

 サイトカインは関節を壊す作用のある物質なので、このサイトカインを阻害することによって関節の破壊や炎症が抑えられるという仕組みです。

 

 サイトカイン阻害薬はサイトカインの働き抑える薬で、皮下注射や点滴注射が行われています。

 

 この注射はとても効果があり、関節リウマチの患者さん約70〜80%の方に効果があると言われています。

 

 しかし、サイトカインは免疫機能の重要な物質なので、サイトカイン阻害薬を使用すると免疫機能を抑えることになります。

 

 そのため、感染症やその他の副作用に注意が必要です。

 

 また、保健適用ですが適用しても治療費が高額になります。

関節リウマチのリハビリテーションは?

 関節リウマチのリハビリテーションは痛みで動かさないでいる事による、関節の拘縮を防ぐ事が重要。

 

 関節リウマチの痛みや症状はリハビリだけでは絶対に改善しません。

 

 関節リウマチは免疫機能の異常で自分自身の身体を攻撃し、破壊してしまうからです。

 

 まずは医師の処方する薬をしっかり飲み、関節リウマチの症状を抑える事が前提にあります。

 

 関節リウマチはとにかく痛いので、患者さんは身体を動かさなくなります。

 

 そこで起こるのが、関節が硬くなって動かしにくくなる事です。

 

 そこでリハビリでは、その2次的に起こった関節拘縮や関節の痛みをリハビリをおこなって改善する事が目的になります。

 

 また、関節が変化してくるのを予防、関節の保護を目的に装具も必要となります。

 

 自宅で行える体操も行った方が良いと思います。

 

 関節リウマチの関節痛は、普通の関節が痛い事とは基礎が違ういます。

 

 患者さん自身もしっかりと勉強して、自分自身の病気の事を知る事が大事になってきます。

 

 ぜひ勉強してみてください。