自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

関節リウマチの原因はわからない

 今回は関節リウマチの原因についてまとめます。

関節リウマチの原因はなんだ?

 タイトル通り、関節リウマチの原因は不明。

 

 関節リウマチの原因は不明です。

 

 しかし、関節リウマチにかかりやすい遺伝的な要素や喫煙などの生活習慣が関節リウマチの発症や悪化に関係していると言われています。

 

 関節リウマチは全身性の自己免疫疾患です。

 

 関節リウマチは免疫異常で起こると言われています。

 

 免疫の異常により本来、細菌やウイルスを攻撃するシステムが自分自身の身体の一部を外敵として判断してしまい、攻撃する事で起こります。

 

 この免疫異常が関節の炎症を引き起こし、関節を破壊していくのです。

 

 で、その中心的な物質がサイトカインという物質です。

サイトカインってなんだ?

 サイトカインとは免疫に関わる物質です。

 

 サイトカインとはもともと免疫に関わる物質っで、外敵から体を守る働きをします。

 

 サイトカインはいろいろ種類があって、関節リウマチの中でも

 

  • TNF-α
  • IL-6

 

というサイトカインが増えていきます。

 

 このサイトカインが増えると、軟骨を溶かす成分が多く身体に排出されるようになり、骨や軟骨を破壊します。

原因まとめ

 関節リウマチ原因は

 

  • もともとの体質
  • 環境因子
  • ストレスなどのきっかけ

 

が重なると発症することが多いと言われます。

 

 もともと関節リウマチではない症状で、来院した患者さんが、途中で関節リウマチの診断を受ける事も多いです。

 

 きっかけは本当にわからなく、突然関節リウマチのような症状が出で、検査してみると関節リウマチだったという患者さんもいます。

 

 なので、関節リウマチかなぁと思ったら、専門の医師がいる病院に早めにいくと良いと思います。