自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

腰痛の治療で効果があるものは?

 今回も腰痛シリーズです。

腰痛の治療に安静は必要?

 安静は必ずしも有用ではない。

 

 腰痛のガイドラインでは

 

  • 安静は必ずしも有用ではなく、急性腰痛に対しても痛みに応じた活動性の維持は、安静よりも痛みを軽減し、機能回復させるのに有用であるとされている。

 

  • 職業性腰痛に対しても、痛みに応じた活動性維持は、より早い痛みに改善につながり、休業期間の短縮とその後の再発予防にも効果的であるとされている。

 

 結論を言うと、腰痛は安静にしていると治りにくく、痛みに応じて日常生活を送る事が重要という事になります。

 

 おそらく安静にしている事で、全身の筋肉の機能や柔軟性が失われるので、動き始めると腰にストレスがかかってしまって痛みの再発につながるのではないでしょうか。

腰痛に機械の治療やコルセットは?

 温める機械は、急性及び亜急性腰痛に対して短絡的に有効。コルセットは痛みに対しては効果はないが、急性腰痛に対しては機能の補助になる。

 

 腰痛のガイドラインでは

 

  • 温熱療法は、急性及び亜急性腰痛に対して短絡的には有効である。

 

  • 電気は有効か無効か一定の結論に至っていない

 

  • 牽引は有効な科学的に根拠がない

 

  • コルセットは痛みの改善は認められず。機能改善には有効である。

 

 電気治療や牽引は、科学的にはあまり効果がないと言われています。

 

 コルセットは痛みにはあまり効果がなく、身体を動かすための機能は助けられるようです。

 

 意外と皆さんが効果があると思っている治療はほとんど効果がないとされています。

 

 次回も腰痛についてまとめます。