自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

栄養について勉強してみてわかったこと

 前回で僕が勉強したいた本をまとめ切りました。

 

 1カ月以上もかかって勉強した、栄養についてわかった事、感じた事をまとめたいと思います。

サプリメントとなんて必要ない

 1番感じた事は栄養バランスの良い食事をすれば、サプリメントを飲む必要なんてないという事。

 

 本来サプリメントは食事で不足しがちな栄養素を補うものです。

 

 栄養素をまとめてみて感じた事は、普段口にする物で十分な量の栄養を取れると言う事でした。

 

 もちろん意識してバランス良く食事をする事は必要です。

 

 しかし、勉強してみて特別高い食材や手に入りにくい食材はいっさいありませんでした。

 

 改めてバランスの良い食事をする事の柔軟性を痛感しました。

栄養は取りすぎても身体に悪い

 栄養は取れば良いと言うものではなく、ほどほどに取らなけれ病気になってしまうと言う事。

 

 水溶性のビタミンは基本的に尿で体外に排出されてしまうので、多く取りすぎると言う事がありません。

 

 しかし、脂溶性のビタミンや栄養素は身体から排出される事が少なく、代謝という形で燃焼されます。

 

 代謝が追いつかなくなるぐらい摂ると、身体に蓄積されて内臓の機能が低下して病気になってしまいます。

 

 栄養過多も身体に毒なので注意した方が良いです。

ダイエットも栄養を知っていれば意外と簡単かも

 身体の栄養は循環、代謝と言う事形で摂取した栄養をエネルギーに変えるので、栄養過多にならなければ太らない。

 

 三大栄養素が過多になると身体に蓄積されて太って行きます。

 

 三大栄養素は他のビタミンや機能性成分によって代謝が行われ、エネルギーに変わるので基本的にバランス良く食事をして日時生活を送れば、理論的には太りません。

 

 ダイエットも栄養を理解していれば簡単に、無理なくできるのではないのでしょうか?

栄養を勉強してみて感じた事

 栄養を勉強して最終的に感じた事は全ての栄養を意識してとるという事は不可能。

 

 世の中にはいろんな栄養素を売りにしているサプリがあります。

 

 でも自分がどの栄養が足りていないかなんてわかりません。

 

 なのでサプリメントやスーパーフードで取るよりも、バランスの良い食事を心がけて食事を楽しむことの方大事なのではないかと思います。

 

 以上、1カ月以上かけてまとめ栄養についてのまとめてでした。