自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

栄養について勉強してみる11

 ミネラルについてどんどんまとめていきます。

カリウムってなに?

 カリウムは体内の水分量を一定に保つ、ホルモンの生成、筋肉の収縮に関わる。

 

 カリウムの特徴は

 

  • 体内の水分調節
  • ナトリウム、カリウムポンプ
  • 筋肉の収縮
  • ホルモンの生成
  • 浸透圧の調節

 

などの多くの機能があります。

 

カリウムが減ると

 

  • 浮腫み
  • 血圧が高くなる

 

などが生じます。

 

 カリウムを多く含む食べ物

 

  • イモ
  • 野菜
  • 果物

 

に多く含まれます。

 

 カリウムは取りすぎても、体外に尿として排出されるので積極的に食べましょう。

 

 また、調理すると汁に滲み出てしまうので、調理するときは汁ごと食べられるものにすると良いです。

リンっなに?

 リンは骨や歯の材料となるミネラル。

 

 リンの特徴は

 

  • 骨や歯の材料
  • 細胞膜を作る
  • エネルギーをつくる
  • カルシウムと一緒に働く

 

リンを過剰摂取すると

 

  • カルシウムや鉄の吸収があるかなる
  • 骨粗鬆症
  • 腎臓病
  • 貧血

 

になる事があります。

 

 リンはさまざま食材に含まれているので、足りなくなる事がありません。

 

 逆にインスタント食品にたくさん含まれているので、取りすぎに注意しましょう。

亜鉛ってなに?

 亜鉛は細胞をつくるために必要、新陳代謝の促進、ウイルスから身体を守る、味を感じる細胞味蕾をつくる作用がある。

 

 亜鉛の特徴は

 

  • 新しい細胞をつくる酵素をつくる
  • 新陳代謝の促進
  • 免疫機能の向上
  • 味を感じる細胞、味蕾をつくる

 

亜鉛が不足すると

 

  • 味覚異常
  • 食欲不振
  • 成長障害
  • 皮膚炎

 

亜鉛を多く含む食べ物は

 

  • 牡蠣
  • 豚レバー

 

などに多く含まれます。

硫黄ってなに?

 硫黄は身体を作るため大事なミネラル。

 

 硫黄の特徴は

 

  • タンパク質として摂取されている
  • 硫黄単独では体内にない
  • 含硫アミノ酸として身体の中にある
  • 髪の毛、爪、皮膚など材料になる
  • 糖質や脂質の代謝のサポートをする
  • 有害ミネラルの蓄積を防ぐ

 

 などがあります。

 

過剰摂取すると

 

 

などが起こります。

 

 硫黄は過剰に摂取することはほぼないようです。

 

 しかし、サプリでの取りすぎには注意しましょう。

 

 今日は一つ一つが少なかったので一気に四つまとめました。

 

 明日もどんどんまとめていきます。