自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

栄養について勉強してみる⑩

 栄養を勉強してみるシリーズも10記事目に突入しました。

 

 メチャクチャ長い道のりです。

 

 まだまだ、栄養について長く続くと思います。

 

 今回もミネラルについてどんどんまとめていきます。

鉄ってなに?

 鉄は赤血球を作る大事なミネラル。

 

 鉄の特徴は

 

  • ヘモグロビンを作る
  • 大人の身体に約4.2グラムある
  • ヘモグロビンは酸素と結合して全身の細胞に酸素を供給する
  • 血中の中にある鉄を機能鉄
  • 肝臓、骨髄、脾臓で貯蔵されている
  • 貯蔵されている鉄は血中の鉄が足りなくなると血中に放出されるこれを貯蔵鉄という
  • 体外にほぼ排出されない

 

鉄が足りなくなると

 

  • 酸素が身体に巡らない
  • 鉄欠乏性貧血
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 集中力の低下

 

などが起こります。

 

 特徴でも書きましたが、鉄はほとんど体外排出されません。

 

 赤血球の寿命は約120日で寿命がくると脾臓で破壊されて、繰り返し使われます。

 

 しかし、女性の場合は月経や妊娠などで鉄不足に陥る事が多いので積極的に鉄を摂取する必要があります。

 

 鉄を多く含む食べ物

 

  • レバー
  • 小松菜
  • レンズ豆
  • ひじき

 

などに多く含まれます。

 

 吸収率が低いのでビタミンCと一緒にとると吸収率が上がります。

 

 しかし、取りすぎは禁物なのでサプリではなくて、食事から摂取するのが良いようです。

ナトリウムと塩素ってなに?

 ナトリウムと塩素は身体の水分を調節するミネラル。

 

 ナトリウムと塩素の特徴は

 

  • ナトリウムと塩素は塩
  • 身体の水分調節を行なっている
  • 98%は体外に尿とした排出される
  • 身体のpHを保つ

 

 ナトリウムと塩素を取りすぎると

 

  • 浮腫み
  • 高血圧
  • 腎臓に負担がかかる

 

などが起こります。

 

ナトリウムと塩素が少なくなると

 

  • 脱水症状
  • 食欲不振
  • 立ちくらみ

 

が起こります。

 

 ナトリウムと塩素を多く含む食べ物

 

  • 梅干し

 

などが多く含んでいます。

 

 

 

ミネラルら16種類あるので毎日2種類勉強していこうと思います。