自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

栄養について勉強してみる⑥

 前回のビタミンB群からの続きで、水溶性ビタミンについてまとめていきます。

ナイアシンってなに?

 ナイアシンとは、ビタミンB3とも言われていて、アルコールを分解する役割がある。

 

 ナイアシンの特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • 熱湯に溶けやすい
  • アルコールを分解する
  • 三大栄養素の糖質、脂質、タンパク質を分解するときのサポートをする
  • 胃腸の粘膜をつくる
  • 体内でも生成できる

 

ナイアシンを多く含む食べ物

 

  • レバー
  • カツオ
  • コーヒー

 

が多く含んでいます。

 

 ナイアシンは熱に弱いので、調理するときに汁まで食べられる物にすると良いです。

パントテン酸ってなに?

 パントテン酸はストラス解消と代謝を上げる役割がある。別名ビタミンB5とも呼ばれている。

 

 パントテン酸の特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • 抗ストレスビタミン
  • 糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変える役割がある。
  • 善玉コレステロールを合成する
  • ビタミンCと協力して働くことで、肌や髪の毛の健康を保つ
  • 腸内細菌で合成できる

 

パントテン酸を多く含んだ食べ物

 

  • アボカド
  • 鳥ササミ
  • 子持ちカレイ
  • 納豆

 

が多く含んでいます。

 

 また、熱に弱いので生で食べられる物は生で食べましょう。

ビオチンってなに?

 ビオチンとはコラーゲン生成を助ける作用がある。

 

 ビオチンの特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • コラーゲン生成
  • 頭皮の血液促進
  • 皮膚や粘膜の健康を保つ
  • 三大栄養素の糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに分解する
  • 熱に弱い
  • 腸内細菌で合成できる

 

ビオチンが不足すると

 

  • 肌荒れ
  • 爪がもろくなる
  • 抜け毛
  • 白毛が増える

 

などが起こります。

 

 ビオチンを含む食べ物

 

  • マイタケ
  • 鳥レバー
  • 豚レバー

 

に多く含まれます。

葉酸ってなに?

 葉酸赤血球の生成、DNAの生成のサポート、記憶力サポートをするビタミン。

 

 葉酸の特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • ビタミンB12と協力して効果を発揮する
  • 赤血球をつくる
  • DNAをつくるサポート
  • 記憶力のサポート
  • 熱に弱い
  • 体内で一部作れる。

 

葉酸が不足すると

 

  • 記憶力の低下
  • 貧血
  • 肌荒れ
  • 脱力感

 

などが起こります。

 

葉酸を多く含む食べ物

 

 

などに多く含まれます。

 

 ここまでがビタミンB群です。たくさんあって覚えるのに苦労しそうですね。

 

 水溶性のビタミンなので体から排出されて、溜め込んでしまうという事はない栄養のようです。

 

 基本的に熱に弱い様なので、生で食べられる物は生で、加熱調理しなければいけない物は汁も一緒に食べられる物がよそさうです。

 

 次回はビタミンCについてまとめます。