自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

栄養について勉強してみる⑤

 今回は水溶性ビタミンについてまとめます。

ビタミンB群ってなに?

 ビタミンB群は単独では効果が薄く、一緒に摂取することによって効果を発揮する。

 

ビタミンB群は

 

 

の8種類を合わせたビタミンを言います。

ビタミンB1ってなに?

 ビタミンB1は疲労回復と糖の代謝に大きく関わっています。

 

 ビタミンB1の特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • 身体に溜まった乳酸を分解する
  • 代謝
  • 脳の機能を維持する

 

ビタミンB1が不足すると

 

  • 疲れやすくなる
  • ストレスが多くなる
  • 脚気 
  • 浮腫み
  • 神経症

 

 体内でほとんど溜め込まれないので、取りすぎると行くことはないです。

 

 ビタミンB1を多く含む食べ物

 

  • 豚肉
  • ウナギ
  • 玄米

 

などに多く含まれる。

ビタミンB2ってなに?

 全身の細胞の再生と成長を促す効果と三大栄養素のタンパク質、脂質、糖質の代謝を促進する効果がある。

 

 ビタミンB1の特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • 細胞の再生と成長を促す
  • 脂質、糖質、タンパク質の代謝を促す
  • ホルモンバランスを整える

 

ビタミンB2が不足すると

 

 

などが起こります。

 

 ビタミンB2は葉酸と一緒に働くことで効果を発揮しやすくなります。

 

 糖質、脂質の代謝を促すのでダイエットの強い味方でもあります。 

 

 ビタミンB2を多く含む食べ物

 

  • ウナギ
  • 納豆
  • 豚レバー

 

などに多く含まれます。

ビタミンB6ってなに?

 ビタミンB6はタンパク質の代謝をするとビタミン。

 

 ビタミンB6の特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • タンパク質を分解してアミノ酸にする
  • 神経伝達物質をつくる
  • ビタミンB2がないとうまく機能しない
  • 腸内細菌で合成もできる

 

ビタミンB6が不足すると

 

 

が起こります。

 

 ビタミンB6は腸内細菌で生成できるので、不足することは少ないようです。

 

 ビタミンB6を多く含む食べ物は

 

  • 魚類
  • 穀類

 

に多く含まれています。

 

 なので、自然と口から入るので不足することは少ないです。

ビタミンB12ってなに?

 ビタミンB12は赤血球の合成と末梢神経をコントロールするビタミン。

 

 ビタミンB12の特徴は

 

  • 水溶性ビタミン
  • 葉酸と一緒に摂取すると効果を発揮しやすい
  • 赤血球をつくる
  • 末梢神経をコントロールする

 

ビタミンB12が不足すると

 

  • 悪性の貧血
  • 痺れ

 

などが起こります。

 

 ビタミンB12を含む食べ物は

 

  • 発酵食品
  • 牛レバー

 

など多く含まれます。

 

 野菜にはまず、含まれていないので注意しましょう。

 

まだビタミンB群すらまとめてないのに、この量次回もこの続きからまとめていきます。