自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

栄養について勉強してみる③

  前回はでは三大栄養素をまとめてました。

 

 今回はビタミンについてどんどんまとめていこうと思います。

ビタミンってなんだ?

 ビタミンはエネルギーや身体の構成要素にはならず、他の栄養素がスムーズにエネルギーになったり、身体の構成要素になるための栄養。

 

 基本的に三大栄養素は、エネルギー源や身体の組織わら作るための栄養素ですが、ビタミンは三大栄養素などが身体にスムーズに働きかけるような役割を持っています。

 

 ビタミンの機能として

 

  • 生理機能の維持
  • 代謝のサポート
  • 抗酸化作用

 

などが代表的な作用になっています。

 

 ビタミンは体内で作られる物もありますが、身体の中で作れない物もあるので食べ物から取り入れる必要があります。

 

 ビタミンの必要な量は少ないですが、必要量に達していないと欠乏症がそれぞれのビタミンで起こります。

 

 身体に大事なビタミンは13種類あります。

 

 それを大まかに2つにわかる事ができます。

 

  • 脂溶性ビタミン
  • 水溶性ビタミン

 

です。

 

 脂溶性ビタミンは油に溶けやすく、熱に強いビタミンです。

 

 脂溶性ビタミンはA、D、E、Kの4種類です。

 

 このビタミンを取りすぎると、内臓に蓄積されて過剰症が起こります。

 

 逆に水溶性ビタミンは水に溶けやすく、熱に弱いビタミンです。

 

 水溶性ビタミンはビタミンB群とビタミンC群です。

 

 このビタミンは大量に摂取するしても、身体の中に溜め込まないで身体の外に排出されます。

 

 なので積極的に取る必要があります。

 

 概要だけでもビタミンはこんなにあるんですね…

 

 次回は各種ビタミンについてまとめてみたいと思いま。