自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

栄養について勉強してみる

 僕は理学療法士という仕事をしています。

 

 普段は整形外科のクリニックで働いていて、リハビリを行なっています。

 

 リハビリを行なっていると、患者さんから栄養について質問を受けること事が多いので、ここで一度栄養について勉強してみる事にしました。

 

 今回から少し自分が知らない事、苦手な事、曖昧にしていた事を勉強して、ブログに載せたいと思います。

まずは三大栄養素について

 三大栄養素とは、タンパク質、脂質、糖質の事を言う。

 

 三大栄養素は身体の土台となるエネルギー源になるもので、タンパク質、脂質、糖質が三大栄養素と呼ばれているようです。

 

 その三大栄養素に、ビタミンやミネラルを加えて五大栄養素と言います。

 

 五大栄養素に食物繊維を含めるて、第六栄養素と言う時もあるらしいです。

タンパク質ってなんだ?

 タンパク質とは皮膚、筋肉、内臓などの身体のほぼ全ての部分を構成する栄養素。

 

 タンパク質の性質は

 

  •  タンパク質の種類は10万種類以上
  • 約20種類のアミノ酸がいろいろな組み合わせで構成されている
  • 体内で作れないアミノ酸は9つで、必須アミノ酸と言う
  • 必須アミノ酸は、体内で作れないので食事で取らなければいけない
  • そのほか11種類は体内で作ることができる、非必須アミノ酸と言う
  • 身体の構成要素の20%を占めている
  • 構成要素だけではなく、消化や脳神経の機能調節を行うホルモンを作っている
  • 代謝酵素も作っている
  • 免疫も作っている
  • 体内に溜め込むことができな
  • あまったタンパク質は脂肪に置き換わって身体に蓄積する

 

 タンパク質は不足すると起こること

 

  • 抜け毛
  • 肌荒れ
  • 筋肉が減少して太りやすくなる
  • 免疫力の低下

 

 タンパク質は動物性タンパク質と植物性タンパク質に分けられる。

 

  •  動物タンパク質は肉、魚、卵など
  • 植物性タンパク質は大豆、穀物、野菜

 

 動物タンパク質の方が、必須アミノ酸を多く含んでいる。

 

 タンパク質を摂りすぎると身体に貯められないので、あまったら尿にして排出しなければならないので、腎臓の機能低下が起こり、免疫力の低下が起こる。

 

タンパク質を取れる食材は

 

  • チーズ
  • 牛乳
  • マグロ赤身
  • カツオ
  • 牛肉の赤身
  • 鶏胸肉

 

がタンパク質を多く含んでいる食材です。

 

今回の記事で三大栄養素を全て書こうとしましたが、タンパク質だけでこの量なので、分けて勉強してブログにアップしようと思います。