自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

持久力をあげるためのトレーニング

 前回は持久力とは?についてお話しさせていただきました。

 

 今回は持久力を向上させるために必要なトレーニングの基礎知識をお話しさせていただきます。

持久力をあげるために重要な事

 全身持久力を向上させるためには、一定の持続時間が最低限必要です。

 

 トレーニングを続けていると循環機能や末端の運動機能が向上してきます。

 

 トレーニングの効果は

 

  • 酸素の摂取量の増加
  • 有酸素作用開始の時間短縮
  • 循環系の機能向上

 

が挙げられます。

 

トレーニングに必要な時間は最低でも15分以上必要になってきます。

トレーニングの効果を決める要素

 トレーニングをして持久力を向上するために、必要な要素があります。

 

  • トレーニングの強度
  • 遺伝
  • 加齢
  • 性差
  • 自分の運動に適しているか
  • 運動の種類
  • 筋力トレーニングとの併用

 

を適切に行うと持久力トレーニングの効果が向上します。

トレーニングの効果

  トレーニングの効果は

 

  • 筋肉の増加
  • 疲労がしにくくなる
  • 運動時間と運動量が増える
  • 競技記録が上がる

 

 

 運動習慣がない人が、運動を始めると全身持久力を始めて、1〜2週間で酸素の摂取量が改善してきます。

 

 3ヶ月間継続すると、酸素の摂取量が少なくても15%増加し、1年継続すると30%と増加します。

 

 つまり、継続すれば誰でも全身持久力は向上出来るます。

 

 まず、運動を少しづつ行ってスタミナをつけてみましょう!