自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

半月板損傷ってなんだ?

 今回はスポーツで障害が起こる半月板損傷についてお話しします。

 

 スポーツ障害で起こりやすいと思われがちですが、変形性膝関節症でも半月板損傷を併発している事も多くあります。

そもそも半月板ってなに?

 膝関節の安定性とクッション機能を持っている大事な組織です。

 

 半月板は膝関節の内側と外側に2つあります。外側が厚く、内側が薄くなる構造になっています。

 

 膝関節は安定性がよくありません。膝から上の大腿骨が大きく丸い形をしていますが、膝から下の脛骨が小さく浅い形をしています。

 

 受け皿が小さくなっているので、安定性は高くない関節です。

 

 半月板が膝関節関節の間にある事で、大腿骨と脛骨の接地面積が大きくなるので、荷重が全体的に分散されるので安定性が出ます。

 

 半月板は膝関節を曲げた時に後方へ、膝関節を伸ばした時は前方へ動きます。この機能によって膝関節が動いた時も安定性が生まれる事になります。

 

 また、半月板は線維軟骨という組織で出来ているのでクッション性が高いので、膝関節への衝撃を緩和してくれる作用があります。

半月板を損傷するとどんな症状が出るの?

 

  • 損傷直後は強い痛み
  • 半月板の外側の損傷では、関節内に血がたまる
  • 膝を完全に伸ばせなくなる『ロッキング』
  • 膝を動かした時の引っかかり感『キャッチング』
  • 音がなる『クリック音』

 

が症状として出ます。

半月板はどうやって損傷するの?

 体重がかかった状態で、膝関節が耐えられない負荷がかかって大腿骨と脛骨の間で、半月板が強く挟み込まれる事によっておこります。

 

 スポーツでは、体重がかかった状態で膝を曲げ、過度にひねる動作が加わると損傷しやすいです。また、サッカーのシュートなどの膝が伸びきった状態でもなる事があります。

 

 また、膝関節の前十字靭帯損傷と同時に起こる事が多いです。

 

 高齢者では、加齢によって半月板がもろくなって断裂を起こす場合もあります。

半月板損傷の治療はどんなものがあるの?

 

  • 損傷が軽度の場合は保存
  • 損傷が重たい場合や日常生活に支障が出たり、競技復帰に支障が出る場合は手術が選択されます。