自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

身体の基礎知識〜関節編〜

 今回は関節についてお話しさせていただきます。

関節ってなんだ?

 関節とは骨が、身体の中で隣り合う骨と骨が結びついている事をいいます。

関節には2種類ある

 関節は2つの種類で分けられます。不動関節と可動関節です。

 

 不動関節は、骨と骨を結ぶ組織が硬く、可動性のない線維で連結している、線維性連結と呼ばれています。さらに、軟骨同士で連結している、少しだけ可動性がある軟骨性連結と呼ばれている関節もあります。

 

 可動関節は、動き最も高く、連結する2つ骨と骨の間に隙間がある関節を滑膜性関節と呼ばれる関節があります。

 

 一般の人が考える関節は、この可動関節にあたります。

可動関節の中にも種類がある。

 可動関節のかなにも、動き、形によって種類があります。

 

 動きでは、

 

  • 1軸性関節→曲げる、伸ばす、回旋のみ動きができる関節。(回旋とは肘を90°に曲げて、肘を脇に付け、親指を天井に向けた状態から、手のひらを下に向ける(内旋)、手のひらを上に向ける(外旋)動作での、肘から手首まで(前腕)の間の動きなどをいいます。)

 

  • 2軸性関節→曲げる、伸ばす以外に開く(外転)、閉じる(内転)ができる関節。(内転、外転とは、手のパーにした状態で指と指を開く指の動作を外転、逆に閉じる動作を内転と言います。)

 

  • 3軸性関節→曲げる、伸ばす、開く、閉じる、回旋ができる関節。

 

形では、

 

  • 球関節→3軸性関節(肩関節)
  • 臼状関節→3軸性関節(股関節)
  • 楕円形関節→2軸性関節
  • か状観察→2軸性関節
  • 蝶番関節→1軸性関節
  • 鞍関節→2軸性関節
  • 車軸関節→1軸性関節
  • 平面関節→1軸性関節

 

があります。

 

関節の構造は次回お話ししたいと思います。