自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

肉離れってなんだ?

 今回はスポーツをやっていなくてもなってしまう肉離れについてお話しします。

 

肉離れってなんだ?

 肉離れとは筋肉が腱に変わる部分、筋腱移行部と呼ばれる部分の損傷です。

 

 皆さんがイメージされる肉離れは、筋肉がブチっと切れてしまうイメージだと思います。しかし、筋肉から腱に変わる部分が切れてしまう事で起こります。

 

肉離れになりやすい筋肉

今回は下肢の肉離れについてですが、

 

 

の順番で肉離れになりやすいと言われています。

 

どうやって肉離れになるの?

肉離れになる大事な要素があります。

 

  • 筋肉の形状(羽状筋)。
  • 筋肉が伸ばされた状態で力が入る。
  • 筋肉が腱に変わる部分(筋腱移行部)

 

が重なると肉離れは発生しやすくなります。筋肉の形状については過去の記事を参考にしてください。

 

 発生しやすい動作は、

 

  • ランニング
  • ダッシュ

 

です。

 

 肉離れに1番なりやすい、もも裏の筋肉(ハムストリングス)は、走っている際に、踵を着く直前で1番筋肉が伸ばされた状態になっているので、ここで損傷する事が多いです。

 

肉離れになったらどんな事をすれば良いのか?

 

  • 肉離れを起こしてから24〜72時間はアイシングをする。安静が大事。
  • 最初の炎症が治まったら温める。
  • 受傷した筋肉のストレッチ
  • 受傷した筋肉の筋トレ
  • 体幹のトレーニング
  • アジリティートレーニング

 

 特にストレッチは、競技復帰を早めると言われています。さらに、体幹のトレーニングやアジリティートレーニングは再発の予防に重要な要素と言われています。

 

 ストレッチや筋トレは肉離れの予防の効果が、未だに証明されていません。今後の研究に期待ですね。

 

 しかし、肉離れを起こさないためには日々の、セルフコンディショニングが重要です!

 

 肉離れかなぁと思った時の、参考にしてもらえば幸いです。