自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

身体の基礎知識〜筋肉編〜

 今回は筋肉構造についてお話しします。

 

筋肉の種類はいろいろある

筋肉の組織は3種類あります。

 

  • 骨格筋
  • 心筋
  • 平滑筋(へいかつきん)

 

 骨格筋は筋肉が動くことによって身体を動かします。心筋は文字通り、心臓を動かす筋肉です。平滑筋は様々な器官にあります。内臓などの筋肉が平滑筋です。

 

 骨格筋はいろいろな役割があります。

 

  • 身体を動かす。
  • 姿勢を保つ
  • 内臓などの組織を支える、保護する。
  • 胃や肛門の入り口の開閉
  • 体温の維持

 

骨格筋は身体を動かす以外にもこんな役割があります。

 

 身体を動かすために必要な骨格筋とはどんな筋肉か?

 身体を動かすのに大事な骨格筋の構造についてお話しします。

 

 骨格筋はタンパク質からできています。

 

 骨格筋は筋線維という線維状の細胞のかたまりです。この筋線維は、無数の筋原線維からなり、筋原線維はアクチン、ミオシンというタンパク質からできています。そのアクチン、ミオシンが筋節(サルコメア)という節を作っています。


 説は色々ありますが、アクチンがミオシンの間に滑り込むと筋肉が縮んで、力こぶが出る状態になります。逆にアクチンとミオシンが離れると筋肉が長くなります。

 

 骨格筋は、筋上膜、筋周膜、筋内膜という3種類の膜で包まれています。

 

  • 筋上膜→骨格筋全体を包んでいる。

 

  • 筋周膜→筋肉の束、筋束という区画に分けています。血管や神経が多く通っている。

 

  • 筋内膜→筋肉の線維を包んでいます。筋肉の栄養を与えている、毛細血管があります。

 

こんな感じで骨格筋はできています。簡単にいうと

 

  • 筋繊維→筋内膜→筋周膜(筋束)→筋上膜

 

内側からこのような構成になっています。

 

 筋肉の両端は、膜が集まって腱という組織をつくって、筋肉を骨や皮膚、他の筋肉同士と結びついています。また、腱は腱膜という分厚い膜を作ることもあります。

 

 腱は骨と強く結ばれているので、筋肉に力が入ると骨が引っ張られて身体が動きます。

 

 そのほかの骨格筋の特徴として

 

  • 自分の意思で動かせる(随意筋)
  • 神経に支配されている
  • 毛細血管から筋肉を動かすための栄養をもらっている。

 

今回はここまでにしておきます。続きはまた次回お話しします。