自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

足首を捻挫した時の対処法

 足首の捻挫はスポーツをやっていると、必ずと言っていいほど発生しますよね。今回は捻挫をしてしまった時の対処法をお話しします。

 

 もちろん、足首以外の捻挫にも有効なので試してください。

 

捻挫した!直後の対処法!

 捻挫した直後、怪我した直後はRICES処置をしましょう。

 

  • R(rest)→安静
  • I(ice)→冷却
  • C(compression)→圧迫
  • E(elevation)→挙上
  • S(stabilization)→固定

 

 捻挫、怪我をしたらまずは、2〜3日間は以上の事をします。

 

 捻挫は靭帯や筋肉の損傷が起こった状態なので、炎症(痛み、熱感、腫脹、発赤)が起こります。

 

 まずは、RICES処置をして急性の炎症をえるのが重要です。

 

 冷やす事は炎症の軽減に、圧迫する事は浮腫みの抑制に有効です。

 

 冷やす場合は氷で、圧迫する場合は包帯などでしましょう!

 

 冷却時間は1回あたり10〜20分程度で十分です。

 

捻挫、怪我は時期によって、やる事が違ってきます。

 

捻挫、怪我をした直後から2〜3日間は

 

  • 炎症を軽減させる
  • 痛みの軽減
  • 浮腫みの抑制
  • 他の部位の筋力などの低下を防ぐ

 

捻挫、怪我をしてから4日目以降

 

  • 状態に合わせて捻挫、怪我直後の対処を継続
  • 足首、足の訓練
  • その他の関節の訓練

 

スポーツ復帰に向けて

 

  • 足首、足の訓練
  • 関節の安定性の向上
  • スポーツ動作の獲得

 

以上の事は捻挫、怪我のさを長引かせないために重要です。

 

 たまに、痛みが続いているから、長い期間冷やしている人がいます。でも、それは間違っています。

 

長い期間冷やしていると、循環が悪くなり、痛み、浮腫みを長引かせる事になります。

 

 捻挫、怪我をした時に冷やすのは、本当に2〜3日で十分です。

 

 以上の事を参考に、捻挫、怪我に対処すると慢性的な痛みを防げると思いますよ!

 

でも、 捻挫、怪我をしたらまずは病院を受診しましょう!