自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

天気が悪くなる前、悪天候の時に身体が痛くなるのはなんでか?

 よく天候が悪くなる前や悪くなった時に、関節が痛くなったり、体調が悪くなる方がいますよね?

 

 今回は天候によって、なんで体調の変化があるのかお話ししたいと思います。

なんで天候によって体調が悪くなるの?

 結論から言うと、関節が緩くなる事と自立神経が過剰に反応してしまう事でおこります。

 

 関節は身体の外から圧力を受けています。関節は外から中側への圧力で抑えられています。

 

 天候が悪くなる時は低気圧が来ているとよく言いますよね?

 

 低気圧が来ていると、身体の外から受ける圧力が低下していきます。

 

 身体の外から圧力で抑えられていた関節の圧が、外から中へから、中から外へと圧力の方向性に変化が起こってきます。

 

その事によって関節が膨張し関節自体が緩く支持性を失っていき、関節が緩くなるという現象がおこります。

 

 自立神経の反応は、外気温が関係してくるらしいです。

 

 気温の変化により、血管の拡張などが起こり循環が悪くなって、頭の物質が滞るようになり、頭痛などの体調変化が起こるという事みたいです。

 

 しかし、未だに医学的に原因がはっきりしていない事が多いようです。

なぜ関節が緩くなると痛いのか?

 歩く、座るなど日常の生活動作でも、もともと痛んでいた組織に負担がかかりやすくなるからだと言われています。

 

 痛みを感じる仕組みの1つとして、身体の組織の中にある、痛みを感じる神経に過度に刺激が入ると、痛みを身体が危険信号として捉えて痛みを感じます。

 

 関節が緩くなると、普段よりも関節を支持する組織にストレスが多くかかりやすくなります。

 

 そうする事で普段より、痛みが出やすくなるという現象が起こると考えられています。

もともと関節が緩くて痛くなる人もいます!

 もともと関節が緩く弛緩性の人もいます。

 

 そんな方は、関節の固定性、支持性が弱いので、関節を守る組織や筋肉に過度なストレスがかかる事が多くなり、関節周りを痛めやすいです。

 

 関節が柔らかいかどうか調べるテストもあります。

 

 『全身関節弛緩性テスト』とネットで調べると画像が出てくるので、そちらを是非参考にしてください。

 

 関節が緩い方は、ストレッチをするよりも筋トレをやって全身の筋肉量をアップさせると、関節の緩さが少しおさまって、痛みやケガのリスクを減らす事が出来るので是非試してください!

 

 自立神経系に関しては、詳しい方がいらっしゃると思うのでそちらを参考にしてみてください。