自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

バスケやバレーボールをやっていると膝のお皿の下が痛い事ありませんか?

 今回はスポーツ障害の一つである。膝のお皿の下の痛みについてお話しさせていただきます。

 

バスケやバレーをやっていると膝のお皿の下が痛いのはこの症状かも

 膝のお皿の下が痛い場合、膝蓋腱(しつがいけん)の障害かもしれません!

 

 膝蓋腱とは膝のお皿下から膝したの骨である脛骨(脛骨)をつなぐ腱です。膝蓋腱の一部には太ももの筋肉の一部が連結しています。そこにストレスがかかると痛みが出る障害です。

 

 膝蓋腱炎やジャンパーズニーといった診断名がつく事が多いです。 

 

 名前の通り、ジャンプが多い競技になりやすい傾向があります。

 

膝蓋腱はどうしてなるのか?

 

  • ジャンプが多い競技
  • 太腿の前、太腿の後ろの筋肉が硬い
  • つま先が持ち上がらない、足首が硬い
  • ジャンプ能力が高い
  • 練習時間と試合時間の合計が長い
  • 床が硬い

 

 以上の事が膝蓋腱部に負担を大きくする要因だといわれています。また、男性に多い傾向があるようです。

 

どんな運動が効果があるの?

単純に上の事から考えると

 

  • 足首を柔らかくする
  • ももの前側と後ろ側の筋肉をストレッチして柔らかくする

 

がリハビリとして効果的です。さらに、

 

  • 太腿の前側にスクワットのような、ストレスがかかる筋トレをする。

 

 この筋トレは間違った事をやると悪化する事があるので、痛みが出ないように慎重に行いましょう。

 

 また、今まで効果的だと思われていた、超音波での治療はあまり効果がないのでは?と言う研究も出てきています。

 

 以上の事はあくまでも、膝蓋腱炎のお話しです。似たような部位に痛みある場合でも、骨に異常がある事も多いです。まずはレントゲンを撮れる、医療機関を受診しましょう!