自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

扁平足ってどんなもの?

 足がすぐ疲れる人や外反母趾の人は扁平足だからなるんだよ!といわれた事がある思います。そこで扁平足についてお話しさせていただきます。

 

扁平足ってそもそもどんな状態?

   一般的には、足の内側の土踏まずが低くなってしまう状態を扁平足と言います。

 

 しかし、土踏まず(以下、足のアーチ)は内側の縦のアーチ、外側の縦のアーチ、足の裏を横切るようにある中足部の横アーチ、そのさらにつま先の近くにある横アーチがあります。このどれかか一つでも、低く潰れると〜扁平足と言う名前が付きます。

 

 今回はその中でも、一般的な内側の土踏まずの障害についてお話していきます。

 

内側のアーチはなんで潰れるの?

 足の裏の土踏まずを支える大事な靭帯や筋肉が傷ついたり、弱くなったりして、骨を支えなれなくなっておきます!

 

 まず、 内側のアーチを支えるために、大事なのは足裏の膜、足裏の靭帯、土踏まずに大事な骨を支える靭帯の順に、土踏まずを支えるのに貢献しています。この、部分がなんらかの原因で傷ついて土踏まずが低くなってきてしまいます。

 

 さらに、靭帯が弱くなると足の形が変わってしまうので、土踏まずを支えるのに重要だと言われている、スネの内側にある後脛骨筋(こうけいこつきん)と言う筋肉に、伸ばされるストレスがものすごくかかってきます。それによって筋肉を痛めてしまい、土踏まずを支える力が弱くなります。

 

だいたい、靭帯が弱くなり、筋肉が弱くなる、と言う順番で内側の土踏まずが支えられなくなって、扁平足と言う状態ななると言われています。

 

どうやって損傷するの?

 実は、運動をたくさんしている人の方が扁平足になりやすいです!

 

 ランニングやジャンプなどが多いスポーツや農業、工業系の職種で扁平足が多いと言われています。また、足首の捻挫を経験した事がある人や、ランニングの距離が長い人ほど扁平足になりやすい傾向にあります。

 

 またそれ以外では、女性、体重が重い事も土踏まずが潰れる要素に入ってきます。

 

扁平足はどうすれば良いの?

 

  • 土踏まずをあげることのできるインソールを使う
  • 足の裏を鍛える(足の指を握る運動)
  • つま先立ちを行う

 

が初期の扁平足には効果でだと言われています。扁平足が進んでしまうと、リハビリだけでは治らない事が多いです。心当たりがある方は、すぐに足のケアをしてくださいね。