自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

よく腰椎椎間板ヘルニアと言うけれど、そもそもどういう障害か知っていますか?

  腰が痛くて病院に行くと腰椎椎間板ヘルニアと聞くことがあると思います。そもそも、椎間板ヘルニアとはどんな障害なのかをお話しします!

 

そもそも腰椎椎間板ヘルニアってどんなもの?

 腰骨の間にある、椎間板というものの中身が膨れたり、飛び出たりして神経を圧迫して症状を出す疾患です。

 

f:id:YWPT:20170712063819j:image

 

簡単ですが、上のような構造になっています。ちなみに神経のある方が背中側です。腰椎というのは腰の骨です。腰椎同士の間に椎間板と言うクッションがあります。

 

 椎間板は水分が多く含まれています。椎間板は歳を重ねると、水分が減っていきます。そこに、腰を前に曲げたり、ひねったりすると椎間板の周りに少し傷ができます。傷ができた所は弱くなり、椎間板が神経の方に飛び出て、神経を刺激します。そこで腰の痛みが出たり、足に痛みが出たりします。

 

腰椎椎間板ヘルニアはどんな症状?

 腰椎椎間板ヘルニアは、最初に物凄い痛い腰痛と腰痛が落ち着いてくると脚の痛みと痺れがメインの症状です。

 

 メインの症状は、

 

  • 脚にでる痺れ
  • 感覚の障害
  • 痺れ
  • 筋力低下
  • 腱反射の消失

 

です。

 

 腰の骨は5つあります。その間にそれぞれ椎間板があります。 障害が起きる椎間板によって障害が異なります。

 

  • 腰骨の3番目と4番目の間障害は、太ももの前の筋力低下、ふくらはぎの内側の感覚障害、膝下の腱の障害

 

  • 4番目と5番目の間の障害は、スネの前の筋肉の障害(つま先が持ち上がらなくなる)、ふくらはぎの外側から足の親指の感覚障害 、腱反射の障害はなし

 

  • 5番目とその下の間の障害は、ふくらはぎの筋肉の障害(つま先立ちが大変になる)、足の小指か足裏の外側の感覚障害、アキレス腱の腱反射の障害

 

上の障害がでます。また、障害が重いと膀胱直腸障害(排尿、排便)の障害があります。

 

よく椎間板の障害が起こる場所は、4番と5番、5番とその下の障害多いとされています。

 

最後に

 筋肉が動きが鈍くなったり、膀胱直腸障害がある場合は早めに手術が必要な場合があります。また、手術の必要な人は10〜30%とあまり多くありません。

 

 上に書いた症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう!