自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

いい姿勢、悪い姿勢とよく言うが姿勢って結局なんだ?

 世の中では、どこか痛い場所があると、姿勢が悪いから、骨盤がズレているから痛いんだ。と言われる事が多いですよね?

 

 今回はそもそも姿勢ってなんだ?っというところから、いい姿勢、悪い姿勢についてお話し出来ればと思います。

 

そもそも、姿勢ってなんだ?

   姿勢とは体位と構えの事です。

 

と言われても難しいですよね?簡単にまとめていきたいと思います。

 

 まずは体位です。体位とは、立っている、座っている、寝ている状態の事をいいます。また、僕たち理学療法士が体位の勉強する時には、

 

  • 立っている事を…立位(りつい)
  • 座っている事を…座位(ざい)
  • 寝ている事を…臥位(がい)

 

っと言った言葉で勉強します。  

 

 次に構えです。構えとは頭、体幹、腕や脚(四肢)の位置関係を指します。なので、腕や脚が体幹部分から、どんな形で離れている、近づいているか、骨盤の傾きなどを構えといいます。

 

 なので、例えれば立っている姿勢+骨盤の傾き、頭の位置、足の向きなどの各部位の位置関係をまとめて姿勢といいます。

 

良い姿勢って?

 

 f:id:YWPT:20170704140030j:image

 上の画像のように、立っている画像のみですが、頭、体幹、骨盤、四肢の位置が前側、横側、真上から見て、きれいに並んでいる状態が理想的で良い姿勢と言われています。

(下手な字と絵ですみません…)

 

 ここから色々な部位がズレてくると悪い姿勢と言われるようになります。

 

 

良い姿勢だと何が良いの?

 良い姿勢だと疲れにくくなります。

 

 とにかく、この理想的な姿勢が取れるようになると、姿勢を乱すように働く重力の影響を最小限にして姿勢を保つことができるので、筋肉の活動やエネルギーの消費が最小限になって、腰や首が痛くなったり、疲れたりすることが少なくなってきます。

 

 長くなってきたので続きは次回お話しします。