自由気ままなナベ日記

理学療法士が健康の事 日常の事を自由気ままに

腰痛とはなんだろう?③

 前回は痛みの仕組みについてお話しさせてもらいました。今回は動作をする時の痛みについてお話しをさせていただきます。

 

まずは、このような動きでチェックしてみましょう!

 

 まずは、立ったままの姿勢から前屈で痛いか、腰を反らすと痛いか確認します。この2つの痛みを理解できると、腰の痛みをかなり理解できると思います。

 

 前屈で腰が痛い場合は腰にある組織が伸ばされた痛みと考えてください。逆に腰を反った時の痛みは腰の関節が圧迫または潰れるようなストレスを受けて痛みが出ていると考えてください。

 

それでは、腰の痛みについての解説です。

 

 前回の記事でお話しさせていただいたように、痛い場所は、その場所を使いすぎて痛くなっています。

 

 なので、前屈して痛い場合は、腰の組織が伸ばされすぎて痛みがでている。腰を反った時の痛みは、関節などが圧迫ストレスを受けすぎていると考える事ができます。

 

と言う事は、伸ばされすぎない、圧迫されすぎないような体の動き方が出来れば、徐々にストレスフルな状態から抜け出し、痛みが少なくなっていくということになります。

 

腰以外の動きはどんな動き?

 前屈動作では、腰が曲がる以外に

 

  • 股関節が曲がる
  • 背骨が曲がる
  • 首が曲がる 

 

など、ほかの部位が一緒になって曲がってきます。

 

腰を反らす動作では、腰が反る以外に

 

  • 股関節を伸ばす
  • 背骨がそる
  • 首がそる

 

など、ほかの部位が一緒になって体を反っていきます。

 

なので、前屈をした時、反る時に腰が痛い場合は、股関節、背骨、首の柔軟性を改善、それにあった筋トレをしていければ、理論的には痛みはほとんど感じなくなります。

 

まとめ

 

 腰を曲げた時の痛みはお尻・モモ裏のストレッチ、背骨のストレッチ、首のストレッチをすれば効果的です。

 

 腰を反った時の痛みは、股関節の前側のストレッチ、太ももの前面のストレッチ、背骨のストレッチ、首のストレッチをすれば効果的です。

 

ストレッチは色々な方法があるのでご自身で

1番これが伸びると思うストレッチをやっていただければ良いとおもいます。

 

最後に

 

ここで紹介した事はほんの一部です。今はテレビや雑誌、インターネットで色々な治療法が叫ばれています。しかし、全ての方に効果があるものは一つもありません。効果があるか、ないかは人によって本当にちがいます。

 

 全員に効果的な方法があれば、この世の中にその方法しか存在しないはずですからね!笑

 

 また、本当に手術をしなければ治らないもの存在します。少しでも、心配があるのであれば医療機関を受診する事をおすすめします。